FC2ブログ

有機栽培・無農薬 鹿児島県霧島市の霧島製茶スタッフブログです

霧島茶の事から日常の事まで何でも書いてみますので宜しくお願いします!公式ページはこちらhttp://kirishimacha.web.fc2.com/

霧島夏祭り

「俺がクレームをいれる」と.・・・・
と、昨日のブログに書き込みしたが、一般的にクレームと言うとクレーマーなどの悪いイメージで捉えられているが、本当は「マトモナ要求」と私は認識しているので、昨日のブログの書き込みとなった次第だ。
なにせ昨年も同じ箇所が、それも直径5センチは有ろうかというシャフトが折れたのだから、修理に来た人が昨年と同じ人なら心苦しさを感じていただろうと思った。

今日、明日は「霧島夏祭り」だが、朝から雨で気の毒だ。
ここ数十年、お祭りには行ったことがないのだが、昔は近所の八坂神社のお祭り(おぎおんさー:お祇園様)であり、家の前の通りがメインで夜店が並びワクワクしながら出かけたものだった。
浴衣を着てアセチレンのガスランプの明かりの夜店を覗き、神社にお参りし、奉納提灯を眺め、家で花火をした。子供が小さい頃、手を引いて行ったのが最後だろうか。
今のお祭りは霧島市のお祭りになって人が多すぎて、私にとっては昔の長閑な風情など感じられないのだがが若い子供つれの夫婦にはそれなりに楽しいお祭りだろう。
本当に雨でかわいそう。

朝からの雨で今日の茶園での作業はお休みとなったが、次男は園揃えで早々と茶園へ上っていった。
by-四代目

スポンサーサイト

このページのトップへ

2茶終了

製茶工場のトラブル。
粗揉機のトラフコンベアー(振動コンベアー)の駆動シャフトが折れるトラブルが発生。

その後3日経ってからのブログになります。
朝方書き込みしているので時間に追われて途中で中断もありで、文脈が巧く繋がらない事もしばしばありますがご容赦を。
例のコンベアーシャフト、設計が悪いのか、材質が悪いのか、1年ももたないのはどうみてもおかしい。
部品代金、出張修理費で、目の玉が飛び出て押し込まなくちゃならいのは目に見えている。
「俺がクレームをいれる」と息子に言うと「止めてくれ!」従業員も「今後のこともあるから」とホントに優しい人ばかり。
工場が成り立たなきゃメーカーも潰れるのは必定。
茶業界はどうなることやら。

「おくみどり」の株元除草、今日はフルメンバー6名。
有機栽培のネックは除草作業で、この経費がバカにならないのだ。

「長園」在来種の摘採が終わり、霧島製茶2019年二番茶終了となった。
by-四代目

このページのトップへ

べにふうき紅茶再度乾燥

紅茶の2回目の乾燥を日曜日にしたのだが、月曜日に茶業センターの含水分計で測定してもらったら、3点の内2点は3%台だったが5%台があり、それは再度乾燥した。
荒茶は後熟させる目的で常温で保管するのだが、工場内は夏場高温になるので5月の一番茶を冷蔵庫へいれておいた物が水分が多かった。
70度で15分、余りやる過ぎると香りが飛び、火香が付く。
後熟の度合いをみてベストの状態になった時に、アルミ真空パックすると良いらしいが、なかなか農家サイドでは見極めも、作業も難しい。
後は天気の良い日、乾燥した日に仕分けして、テイスティング、その時のサンプルに滋味、色、香り等の所見をメモしておくとブレンドの時に役にたつようだ。
3番茶を採れるかどうかわからぬので、とりあえずは保管だ。
今年は摘採、製造時共に湿度が高かったので品質に少し不安があるのだが、最終仕上がりがどうなりますか。

朝から雨だが株元除草は続いている。
by-4代目



このページのトップへ

べにふうき紅茶

<IMG_4187.jpg
MG_4186.jpg" target="_blank">IMG_4186.jpg
7/4ようやく雨が上がり茶葉も乾いたので2時ごろから「べにふうき」を摘み始めた。
伸びていたので上下の2段摘みとしたが、巧い事ほぼ同量ぐらいとなった。
師匠と勝手に決め込んでいる紅茶第一人者の先生に好評いただいた一番茶だが17キロぐらいしか出来なかったので、この二番茶、でき得れば3番茶も製造たいところだ。
上記の写真は紅茶工程で一番重要ポイントとされている「萎凋」
工場規模が小さいので10時頃から揉捻作業を開始したのだが最終揉捻は7時頃となった。
一番茶は上部だけの摘採でわりと芽の揃いも良く、萎凋も上手くいったが、2茶ともなると下葉の萎凋が難しい。


IMG_4197.jpg
揉捻で汁が出るかと心配したがそれもなく、なんとなく巧くいった様だ。
揉盤がタンニンで茶色くなっている。


IMG_4188.jpg
揉捻機で1時間揉捻、葉っぱを揉みこみ発酵し易くして発酵工程に入ります。
発酵棚(発酵を促進するため湿度、温度を調整した棚)が無いので乾燥機の前で温度を調整しています。


IMG_4190.jpg
IMG_4192.jpg
続く工程は発酵止め。
「水乾機」で発酵をとめますが作業の流れで時間は決めてはいません、温度は130度。


IMG_4193.jpg
次は「乾燥機」温度80度、時間30分。
これで一次乾燥は終わり再度乾燥機に入れ水分含水率5%以下にして保管となります。
一番茶、二番茶、三番茶をブレンドして製品としての紅茶の出来上がりです。
by-四代目

このページのトップへ

雨の影響

昨日は大雨警報が出て草取りは勿論、製造も休みとなったのだが、茶園には上らなきゃならない。
息子は早々と出かけて行ったが、通行止めの看板に引き返してきた。
私は昼食を済ませて上ってみたが、途中側溝に土砂が滑り落ちている所が何箇所かあった。
8/6水害を思い出せる降り方だったが、断続的な降り方であったので今回はさほどのこともなかった。
ようやく梅雨らしくなってきた感じだが、もう十二分にお湿りをいただいたので、そろそろこれまでにして欲しいところだ。
今日の除草作業、製造はどうなるのか息子達の判断を待っているところだが、女房はしっかり3個の弁当の準備をしていた。
by-四代目


このページのトップへ