FC2ブログ

有機栽培・無農薬 鹿児島県霧島市の霧島製茶スタッフブログです

霧島茶の事から日常の事まで何でも書いてみますので宜しくお願いします!公式ページはこちらhttp://kirishimacha.web.fc2.com/

台風15号

昨日は「台風九州に接近!」で茶園の戸締りに、ヤギ、ネコの(飼い猫ではない)の世話に茶園へ上った。
風はあるものの雨は降らず、ホントに来るの?といった感じ。
工場のシャッターには台風用補強角パイプを、窓には施錠で終了。
家に帰っては夜半の到来の予報であったがシャッターをしないまま寝入ってしまい、起きてみるとなんのことはない、普段と変わらぬ小雨。
気抜けがした、と言っては進路直下の地域の皆さんには悪いが一安心。

先日、父の法事の時、弟が庭先の私の畑をみて「おくら」は下葉をバッサリ落とさなくちゃ、と先輩家庭農園家としてのご意見を賜ったので、今朝早速バッサリと不恰好なまでに剪定バサミで落とした。
実が最初2本生ったきり、その後全然成らなかったのはその所為か。
つでに「なす」も花の付いてない枝を落としてみた。
父の園芸雑誌が1年分取ってあるので少しずつ勉強してみよう。

台風直撃でなくて良
かった。
by-四代目

スポンサーサイト

このページのトップへ

トマト残念な姿に

IMG_3221.jpg
IMG_3220.jpg
一本だけ植えたゴーヤ(鹿児島弁でにがごい)の緑のカーテンのつもり。
5本ぐらい植えないとカーテンにはならない事が判明。
6本ぐらい収穫したが、植え時が遅かったようで、野菜作り一年生の反省。
同じ所に豆も植えたのだが今もって実の姿がないが、このまま葉っぱだけで終わるのか。
先日来の風と、枝葉の重さで先日作ったトマトの囲いが倒れてしまった。
ビニールテープで結束したのも倒伏の原因のひとつだろう。
暑さでビニールが伸びてしまって結束が緩み、風に煽られあえなくダウンだった。
このまま地這いのトマトにしよう。
by-四代目

このページのトップへ

お付き合い

霧島製茶の草取り従業員の皆さんは、お盆休みに入っているのだが、今日は一人作業をしたいとのオバサンがいたので、私が茶園に上った。
一人で任せられる人なのだが、緊急事態があるやもしれないので一人での作業は基本的にNO GOOD!
今日は台風14号の所為なのか、風があり、曇り時々晴で作業には絶好の日和だった。

私はまずヤギの世話に始まり、摘採機の洗浄、寒冷紗巻き取り機械の格納、機械類に錆止めのオイルの散布、モアーで工場近辺の除草作業など結構忙しい一日だった。
by-四代目

このページのトップへ

トマト支柱

朝方、緑茶微粒ペーストの配達から茶園に上りヤギの世話、ペットボトル「KILI」の搬出。
茶園の入り口付近は草刈がきれいにされてスッキリとしていた。


IMG_3218.jpg
四時過ぎの少し涼しくなってから孫とトマトの支柱を作った。
手前が「オクラ」「ミニトマト」「茄子」「モロヘイヤ」「紫蘇」「黒豆」「苦瓜」
「ニンニク」が好きなので8月の末ごろが植え頃らしいのでチャレンジしてみるつもり。
後、「大根」も作りやすそう。
by-四代目

このページのトップへ

お盆休み

今日から草取りのオジサン、オバサン達は少し早いがお盆休みに入った。
田舎はお正月よりお盆の方が帰省も多いように感じるし、ご先祖をお迎えする準備がおおごとなので早めのお休みに入ったわけだ。

20数万もした機械でも使用を誤ると使い物にならない。
二男がトラックターマウントのフレールモアで枕地(茶園周りの道路)の除草作業をいたらしいが、余りに草が伸びすぎて上手く刈れなかったようだ。
作業にはやはり適期というものがあるのが分かり、次回からの作業では二の轍を踏まぬよう肝に銘じたようだ。
by-四代目



このページのトップへ

暑さでダウン

東在来(霧島製茶呼び)更新園の株元手除草と大田茶園(霧島製茶呼び)更新園の園揃え。
園揃えは草が伸びていたが除草の時間がなかったので、草と一緒に刈り捨てにしたらしい。
本来ならきれいに除草して刈り取り、製造できたのだが、除草していると園揃えの最終摘採日に間に合わないのでやむなく刈り捨てになった。

暑い中での作業で気をつけなくちゃいけないのだが、昨日は一人のオバサンが気分が悪くなり、三時で早退。
病院で診察を受け、熱中症ではないとの事で一安心したが、疲れが溜まっていたのだろう、お昼が食べられなかったらしい。
電話での応答も元気があったが、お盆明けまで休んでもらうことにした。
by-四代目

このページのトップへ

三番茶終了

先週金曜日、8/3で霧島製茶2018三番茶終了でした。
最終日は「長園」(在来種)でしたが近年にない園相、病害虫皆無、生育良好で嬉しい悲鳴。
悲鳴というのは140m程ある畝を往復して摘む訳ですが、摘採機に10枚下がっている生葉袋(約20キロ入る)に満杯、それも途中で3回も4回も押し込んでのこと。
この暑さの中、悲鳴も出ます。
無論、摘採機には水筒が乗っていますが一往復の摘採で汗ビッショリ。
それも終わりましたが当日は息子達、帰りが午前様もいいところの三時だったそうで、お疲れ様でした。

これから除草作業が本格化します。
by-四代目

このページのトップへ

今日で終わるか?

霧島製茶、ラストスパートか?
私が五時に帰る時まだ摘採を待つ畝が六畝ほどあったが・・・
持ち越しの生葉は摘まないのが霧島製茶の理念。
今日で三番茶を終わらせると言っていた息子達。
私なら明日の午前中の終了を考えて段取りをしただろうが、しかしながら息子達の世界、無理して事故を起こさないことを願って帰ってきた。
恐らく午前様だろう。

霧島製茶の「カナヤミドリ」が今日も県茶市場の最高値を付けていたが、有機なればこその値段だと確信している。
南薩のミル芽の四番茶の形状にはとても足元にも及ばぬはずで有機ということでしかこの値段、説明がつかないのだ。
有機を諦めた同業の茶工場の皆さん、もう少しの辛抱だったのに、と思わざるをえない。
この値段に幾分、気分を良くはしているが、経費を考えると喜んでばかりもいられないのが実状だ。

明日は一日前倒しだが、草取りのオバサン、オジサン達の待ちに待った給料日だ。
霧島製茶は取引先への支払いは月末締め、翌月5日支払にしているのだが、会社の支払サイクルに合わせて、茶園も同じ様にしている。
夏場給与は汗の結晶の給与です。
七月も無事に乗り切れ、皆様お疲れ様でした。
by-四代目

このページのトップへ

もう直ぐ三番茶終了

「かなやみどり」です。
IMG_3019_201808030822101d9.jpg

大田茶園「やまとみどり」です。
IMG_3207.jpg

長園「在来種」です。
IMG_3205.jpg

いずれも病害虫の被害もなく、生育も良好。
夏茶では珍しい園相で、作っている本人がビックリしています。
よく、一番茶が良くないと二番茶が良く、二番茶が良くないと三番茶が良いとは言いますが今年の三番茶はどうしたことでしょう。
お陰様で県茶市場では最高値が付きました。
いつもこうあると良いのですが。

更新園はどうかといいますと、茶園なのか牧草地なのか、と道行く人が頭を捻るような状況ですが、三番茶が終わると本格的な除草作業に入ります。
その状況の写真もアップしていきたいと思います、が、私の携帯は人に言わせると不携帯携帯電話だそうで、いつも写真を取り損ねています。
今日も34度の予報。
by-四代目

このページのトップへ

夜食

朝方は日差しがあり、熱中症予防に大きな氷を入れた特製冷茶を作った。
日中は幾分良かったのだが夕方になると雨脚が強くなり、5時に草取りのオバサン達が帰る頃は叩きつけるような雨になってしまった。
迷走台風のせいだ。
明日は「大田茶園」のカナヤミドリの予定だが相当にぬかるんでいるだろうから四輪駆動でないと仕事にならないかもしれない。
三番茶は今週いっぱいを目安に考えているのだが、それも天気次第だ。

昨日のかえりしな工場の夜食のリクエストを取ったら「ざるそば」と「パスタ」。
草取りのオバサンを送って行った帰りにコンビニで夜食を買ったのだが、ざる蕎麦じゃ力も出まい、と天ぷら蕎麦と熱々のフランクフルトソーセージを買っていったら二男曰く、「ざると言ったのに!」と文句(鹿児島弁でコマッゴ=愚痴)がでた、長男は一言も。
それで今日は「肉を頼む」と言うので一番高価な、といっても500円だったがコッテリ肉のそれを買い求めた。
帰ってからまた食べるのでどうでもよいのだが、働いてもらわなくちゃならないのでハイハイと従う。
本来は家まで帰って女房が作った夜食を届けるのだが、最近女房も忙しくて手作り夜食を届けられない。
三番茶が終わるまでの辛抱、ガマンしてくれ!
by-四代目

このページのトップへ