FC2ブログ

有機栽培・無農薬 鹿児島県霧島市の霧島製茶スタッフブログです

霧島茶の事から日常の事まで何でも書いてみますので宜しくお願いします!公式ページはこちらhttp://kirishimacha.web.fc2.com/

ゴーヤとニンニク

IMG_4065.jpg
鹿児島ではニガゴイと言っていた苦くて子供たちは苦手な物だったが、最近はゴーヤなんて言う名前にいつのまになって食べやすくなったゴーヤ。
やっとネットをセットしました。
これで夏の南西の日差しを和らげてくれることと期待して蔓を誘引しました。


IMG_4067.jpg

こちらはニンニク、収穫時期が少し惜し遅かったようで土の中で分株しているのもありでしたが、まずまずの収穫といってよいでしょう。
しばらくコンクリートのたたきに広げて乾燥させてからネットに入れ吊るしてさらに乾燥させる予定です。
今日はジャンボニンニクの収穫予定です。

先日は鹿児島県茶市場へ数年ぶりに行ってみましたが、一番茶と二番茶の端境期で番茶が少しの入札で閑散としたいましたが、一番茶の最盛期には押すな押すなの混雑する会場です。
後、問屋さんを2社廻り帰宅。

息子達は工場の掃除に今日日曜日も出かける予定で、茶農家の春から夏場はこんな感じの毎日です。
by-四代目

スポンサーサイト

このページのトップへ

一茶製造終了

IMG_3035_20190522190644505.jpg
IMG_3036_20190522190645ae8.jpg
IMG_3037_20190522190647818.jpg
2019年一番茶製造が今日で終わったが、今年はこれまで経験した事が無いほどの茶価の低迷。
それでも農家は、工場は摘んで製造しなくちゃなりません。
一円でも高くと願い製造しているのです。
製造の過程でも、また出来上がった荒茶でもこうやって審査をしながら製造しています。
今年は撮り損ねたのでこれは去年の写真ですが定量を審査椀(規格品)に入れ、熱湯で淹れます。
茶殻の色、香り、水色、そして滋味をみます。
熱湯で淹れるのは審査方法でご家庭では上級煎茶は充分に湯冷ましして淹れてください。
番茶は熱め、焙じ茶は熱湯で淹れるとそのお茶の持ち味が良く出て美味しくいただけます。
湯温と淹れる時間は反比例します。
お茶の淹れ方教室みたいになってしまいましたね。

明日から工場の掃除作業にはいり、それが済んだら一番茶反省会。
除草、園揃え、施肥等秋の秋冬番茶までは休む暇なしの茶農家です。
by-四代目

このページのトップへ

雨の中の応援

霧島製茶の一番茶本茶は一応終わったが、今朝早くに息子達は同業の茶農家の応援に出かけて行った。
小雨の中ご苦労さんと言いたい。
今月末には鹿児島も梅雨に入るので、雨前の茶園管理も後10日ほどでやっておかなくちゃならない。
農業はまさに天を仰ぎ見ての職業だ。

昨日は私は休みを貰ったが次男は茶園周辺部の除草作業をやっていてくれていた。
今朝上ってみるとキレイな枕地になっていて、小雨の降る天気だからこその作業だったようだ。
「トラックターマウントのハンマーナイフで埃も立たず作業ができた」と言っていた。
by-四代目

このページのトップへ

鹿児島茶NHK放送を見て

一応2019年本茶が終了しました。
一応、と記したのは後数畝残っていたのですが工場の操業の関係で終わりとし、後は番茶として製造することとなりました。
茶業指導関係者の話として「今年のような価格が続けば廃業する工場、農家も出てくるのでは?」との厳しい考えの人もあるようです。
農協の茶技術員を退職した人の話では「今まで経験の無い価格」と言われるほどの茶市場の価格です。
超が付く低価格に合わせて、燃料、資材等の高騰など、例年に増して今年はかなり厳しいです。
静岡に追いつき、追い越せを旗印にして伸びてきた鹿児島茶ですが、鹿児島も先行きどうなりますか。

昨日、NHKで鹿児島県茶の放送がありましたが、農家サイドでは良質茶の生産に、また販売にもいろいろ努力されている様子が放映されていました。
無人の茶摘採機の紹介もあり将来的な研究課題としてはありと思いましたが、今現在はもう少し現実的な研究課題もあるのではと見ながら感じました。
まずは農家所得を上げるための研究機関であるべきで、超大規模農家のためより大半を占める中堅、小規模農家を主眼に置くべきではないでしょうか。
by-四代目

このページのトップへ

かなやみどり番茶

IMG_4038.jpg
「かなやみどり」の番茶摘採風景です。
気温は暑くもなく寒くもなくで気持ち良いのですが摘採機の上は強い風のせいで「寒かった!」と次男。
ここ数日風が強く、私は幼木園の手バサミでの剪定をしているのですが風で枝が揺れてやり難いことやり難いこと。
週末は天気下り坂とのことで番茶より本茶を作りたいところですがなかなか思うになりません。


IMG_4035.jpg
工場の垂直コンベアーのモーターが逝ってしまって早朝より修理に追われましたが、息子、直ぐに機械メーカーのサービスを呼ばないところはさすがと感心した次第。
私もそうですが父は極力自力で修理する人でした。
受け継いでいるのでしょうか。
巧く修理できたようでフル稼働の工場に安心しました。
モーターを旧工場から外す際、こういった電気関係は特に結線を間違えると逆転する事もありとても危険です。
メモより最近は写真に撮りますので安心です。
by-四代目

このページのトップへ

番茶摘採

IMG_4028.jpg

2019年一番茶も終盤に入ってきました。
在来種の摘採の合間に園揃えを兼ねて番茶を摘採しました。
これはヤブキタ。

IMG_4032.jpg
こちらは「べにふうき」伸びていたので本茶はかなり上げて摘みましたので3センチほど下げて園揃えしたそうです。
紅茶は緑茶と違って二番茶がベストシーズンだそうで、二番茶紅茶も適期に摘採したいと思います。
先日紅茶の講評をいただいた点に注意して揉捻のかけ方、発酵の時間等を調整するつもりです。
今日、5/16は在来種の摘採製造。
by-四代目

このページのトップへ

漱石のお茶

南日本新聞、5月13日号のコラム「南風録」にお茶に関するものがありました。
夏目漱石はお茶好きだったそうでその中に「朱泥の急須から、みどりを含む琥珀色の玉液を・・・」とあり、昔のお茶の色はやはり琥珀色だったのだと、以前書いた「やまぶき色」の美味しかったお茶の話を思いだしました。
毎年、このシーズンになると判で押したような緑茶の出来に関する良いコメントがでるのですが、、新聞には最後に「価格がなかなか・・・」とあり、さすがに地方紙の力、率直な意見が述べられていました。
近年にない厳しい価格となっています。
by-四代目

このページのトップへ

在来種

IMG_4016.jpg
IMG_4019.jpg
霧島製茶で言うところの「長園」在来種です。
摘採真直といったところでしょうか。


IMG_4018.jpg
こちらは一番早くに摘採した「あさのか」
遅れ芽が伸びてきていますので 番茶を摘採予定です。
二番茶の準備にになる作業が始まるわけです。

いよいよ霧島製茶2019年一番茶も終盤に入ってきました。
もう一分張りです。
by-四代目

このページのトップへ

かなやみどり終了

IMG_3998.jpg
IMG_3999.jpg
上の写真は寒冷紗の巻き取り機械です。
「かなやみどり」結構良い色に日焼け?しています。
人は日焼けすると色黒になるので日笠をさしたりししますが、お茶は日除けして色を付けます。
寒冷紗で日除けすることで色の濃い葉になりし、旨味成分のテアニンが増えますし、摘採時期を延ばす、調整することもできます。
しかしながら、良い事ばかりではありません。
樹勢が落ちるということもあります。
それにこれが結構人手が要る仕事で、顧客の要望のあった品種、数量のみ被せをしています。
個人的にはあまり被せは好みではありません。
今日で「かなやみどり」摘採終了でした。
by-四代目

このページのトップへ

久しぶりの雨

今日5/9は朝からの雨で除草はお休み。
息子達二人も久しぶりのお休みだ。
私は従兄弟と工場の掃除に出かけたが結局2時過ぎまで話しこんでしまった。
茶園のプロモーション用に撮影したドローン画像が欲しいとの問い合わせがあったので、これからDVDへ焼いてみようと早く帰ってきた。
明日は晴れ間が広がる予報で「長園」(霧島製茶呼び)在来種の表面除草の予定だ。
by-四代目

このページのトップへ